ご利用は計画的に!クレジット現金化を使いすぎないためのコツ

月曜日, 2月 6, 2017 13:58 | Filled in 未分類

ご利用は計画的に!クレジット現金化を使いすぎないためのコツ

いつでも手軽にまとまった現金が手に入るクレジットの現金化ですが、あまり使いすぎると極度の依存状態になり、最悪の場合カード破産、ということにもなりかねません。
はじめてクレジットカードをもつ人は特にカードとの上手な付き合い方を知り、現金化の賢い利用法についても充分に理解しておきましょう。
クレジットカードを使いすぎてしまう人の特徴は、第一に衝動性が高いことです。
つねに新しい物が好きで、ほしい物はすぐに手に入れたいと思う人ほど、クレジットカードを無計画に使ってしまう傾向にあります。
クレジットカードは手もとにまとまった現金がなくても高額な買い物が可能になる便利な道具ですが、それだけに使用にあたっては事前に入念な計画を立てる必要があります。
クレジットカードを頻繁に利用していると現金が無限に手に入るかのように錯覚することがありますが、あくまでも将来の現金収入を前借りしているだけだということを意識しておきましょう。
意識を変えるだけでも、必要以上に現金化を利用してしまうこともなくなるはずです。

クレジット現金化から考える!もしもカードがなかったら

クレジットカードは現代人にとってもはや必需品以上の存在になりつつあり、現金化の手法も時代とともに着実に進化しています。
クレジットカードのない暮らしが想像できないほどに、「将来の現金収入を見込んで商品を分割払いで買う」という方式は暮らしの中に定着しました。
もしもカードがなかったらローンという発想も生まれませんから、どんなに高額な商品でも手持ちの現金で一括払いで買わなければなりません。
数万円単位の家電製品なら数カ月貯金すれば何とか変えますが、車やマンションとなると、とても現金では買えませんよね。
カード破産よりも、多額の現金をその都度持ち歩くリスクのほうがずっと大きいのです。
クレジットカードの最大のメリットは「待たずに買える」ということです。
テレビが突然壊れて新しい物がすぐにほしいという時、クレジットカードが1枚あればまとまった現金が手もとになくても代わりのテレビをその日のうちに手に入れることができます。
クレジットカードがその役目を終えないかぎり、現金化の手法もコンスタントに開発されていくでしょう。

上級現金化ユーザーに聞く!クレジットカードをもったのは何歳?

社会人にとって、はじめてクレジットカードを作った瞬間は人生の大きなターニングポイントと言えます。
次の明確なターニングポイントは、カードの現金化を使いこなせるようになった時です。
クレジットカードをもつタイミングとして一般的なのは、会社での昇進やマイホームの購入です。
マイホーム購入にはどうしてもまとまった資金が必要になるため、購入を考えはじめる30代中盤あたりからカードの作成を検討するケースが多いようです。
また、めずらしいところでは入社祝いのプレゼントとして両親からもらうパターンもあり、これによって「自分もいよいよ大人になった」という意識がはっきりと芽生えるようです。
両親側にしてみれば、クレジットカードを上手に使いこなして正しい金銭感覚を身につけてほしいというメッセージなのかもしれませんね。

実際に使用する目的ではなく、大人としての信頼を高める意味でカードをもっている人も少なくありません。
海外旅行に行く前にはじめてカードの必要性に気づく人もいるようです。

念仏宗

現金化の利用開始時期についてはカードの作成から5年以内が最も多く、おもなきっかけとしては「カードの新しい利用法として友人からすすめられた」というのが多数を占めていました。

Both comments and pings are currently closed.