新造の海上コンテナとは?

月曜日, 11月 21, 2016 20:58 | Filled in 未分類

新造の海上コンテナとは?

海上コンテナと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?港などに数多く積まれているのをイメージされるかと思います。
国際的に決められた規格を満たし、世界中の港で使用することが出来る貨物用コンテナです。
国内で主に流通しているものとの区別をするために、海上コンテナと呼ばれています。
新しく造られたもの、つまり新造と、中古が国内では双方ともに流通しています。
輸出入の輸送用としての用途が主となっておりますが、その使用方法も現在は多岐に渡っています。
耐久性や、価格に優れているので、商品倉庫としての利用もされています。
また、丈夫さと、加工のしやすさから事務所や店舗としての利用もあります。
さらに、近年注目されているのが防災用品の倉庫としての利用です。
頻発する中規模地震によって、大地震への不安は人々に溢れています。
災害時に安全に防災用品を備蓄しておける場所として注目が高まっているのです。
このように、様々な使用方法があります。
そして、加工のしやすさも海上コンテナの特徴の一つで、中古の場合はもちろん新造の場合においても、自分の用途に合わせて思うように形を加工することが出来るのです。

中古でも新造でも好きに選べる海上コンテナ

様々な用途に使用される海上コンテナですが、新造、中古を問わずその中にも形によっていくつかの種類があります。
通常使用されるものはドライコンテナと呼ばれるもので海上輸送だけではなく陸上倉庫としても利用することが出来るタイプです。
冷蔵装置のついたリーファーコンテナというものもあります。
こちらは、断熱効果のために白色のペイントがされており、貨物の温度変化防止のために断熱材が使用されていたり、冷蔵ユニットが付けられています。
そのほかにもフラットラックタイプやタンクタイプ、オープントップタイプという用途に合わせたと特殊な造りのものもあります。
中古の場合は、気兼ねなく自分の好きなように加工することが出来ますが、新造品の購入の際にも、自分の用途や希望に合わせて一から造ってもらうことが出来ます。
海上コンテナの新造を早く行いたい
自分の必要なデザイン、希望する形状で海上コンテナを作成することが出来れば、より効果的な使用が出来ますし、愛着も生まれてくるのではないでしょうか。

Both comments and pings are currently closed.