仕事をするだけでは施工管理技士にはなれません

火曜日, 11月 8, 2016 19:41 | Filled in 未分類

仕事をするだけでは施工管理技士にはなれません

施工管理をする立場には、簡単にはなれません。
先程は、未経験からでも雇ってくれる会社があると紹介をしましたが、下積みといった感じでの仕事になるでしょう。
その後、国家資格の施工管理技士の試験を受け、資格を取らなければならないのです。
資格には1級と2級があるとのことです。
試験を受けるには、やはり、ある程度の実務経験が必要となっています。
当然のことながら、何も知らない人が現場を仕切る立場になれる訳が無いのです。
1級からでも試験に挑戦することは可能となっているようですが、2級の試験から受けたほうが上手くいくのでは無いかと思われます。
急いては事を仕損じると昔からのことわざにもあるように、焦っても良いことは無いでしょう。
施工管理技士には、土木や建築、管工事や電気工事、造園や工場といった感じに種類分けされているようです。
1級の資格を取得できれば監理技術者として、常に現場で働くことが出来ます。
その分、責任も大きくはなりますが、指導する立場になれるので、自分なりに現場を仕切り、自由に仕事をおこなえるようになるでしょう。

Both comments and pings are currently closed.