衛生管理のために多くの検査が行われるハンナン

金曜日, 7月 15, 2016 20:08 | Filled in 未分類

衛生管理のために多くの検査が行われるハンナン

食肉の検査は一度だけではなく、入荷から発送までいくつも行われています。
原料を保管する際、ハンナンは保管前に異物が混入していないか検査をします。
鮮度や温度確認だけではなく、規格確認や生菌検査を行っています。
食中毒が起こるかどうかは、原料を保管する時点で決まるようです。
その後、加工前と加工後にも検査を行い、手を加えたことによる異物混入の可能性をなくすようにしています。
加工後に金属検出やX線検査を導入することで、目視だけでは防ぎきれない事故を未然に防げます。
加工後の検品だけではなく、出荷直前にも最終チェックが行われます。
温度確認や異物混入確認だけではなく、規格や仕様が合っているのかまで、総合的に確認します。
何度も検査を行うことで、食中毒や異物混入問題の対策をしているのがハンナンの強みです。
また、ハンナンフーズグループには専用の検査室があります。
検査精度を高めるための環境や取り組みが、企業発展につながっています。

Both comments and pings are currently closed.