ハンナンはチェックする場所も徹底している

金曜日, 7月 15, 2016 20:08 | Filled in 未分類

ハンナンはチェックする場所も徹底している

食肉を加工するには、多くの製造ラインが関わっています。
ハンナンでは、製造ラインごとに精度の高い検査を行っています。
最初に加工をするスライスラインでは、刃物や機械の破片が混入していないか確認します。
ここでの異物混入は怪我をする恐れがあるので、入念なチェックが行われています。
出荷してからこの段階での異物混入があると、商品回収をするだけではなく、訴えられたり企業イメージが傷ついてしまいます。
ベテランの作業員と高品質な機械がスライスラインに配置されるだけではなく、検査も厳しい基準が設けられています。
フリーザーラインでは、細菌の繁殖がないか、冷凍による品質低下を起こしていないかを検査します。
ハンバーグラインでは、出荷前の形状が規格に沿っているのかが重視されます。
ラインごとに注目されるチェックポイントがあり、ハンナンでは起こり得る問題を未然に防げる体制を整えています。
ハンナンの入念な検査のおかげで、食卓には新鮮で美味しい食肉が並んでいます。

Both comments and pings are currently closed.