通販で購入できるフライパンの種類

火曜日, 5月 31, 2016 19:36 | Filled in 未分類

通販で購入できるフライパンの種類

通販でフライパンを買う際、皆さん悩みませんか?今日、色々な種類があり、選ぶのも一苦労です。
代表的なのものは、セラミック・ステンレス・アルミ・鉄・フッ素コートのものです。
特にセラミックのものは特徴的な白い見た目と、食材がくっつきにくく耐久性も高い点がメリットです。
しかし、使っているうちに「くっつきにくい」という性能が落ち、焦げ付くようになるという口コミや体験があると思います。
安い買い物ではないのに、すぐ駄目になってしまうことにはガッカリしますよね。
次に、ステンレのものはおしゃれなデザインが多く、丈夫で錆びづらいのがメリットとなっています。
しかし、食材がつきやすく焦げ付きやすいところがデメリットです。
アルミのものは、非常に軽量で熱伝導に優れており、パスタなどの調理に最適ですが、これもまた扱いが難しいデメリットがあります。
そして、最近通販などで話題な鉄製。
主に通販で販売されているもので、持ちもよく、料理をおいしく作れると話題です。
しかし、調理や手入れに手間がかかるのがデメリットとなっています。
忙しい主婦の方には、少しの手間でも塵も積もれば山となる。
使うたびにやるとなると、面倒くさいですよね。
扱いやすいフライパンを探すのは、大変です。

通販のフライパンと健康の関係

フライパンにも健康に関係するのはご存知でしょうか?通販などでよく見る、焦げつき防止のとして、フッ素樹脂や同種のものでコーティングされたテフロン加工のもの。
材料がくっつきにくく、手入れも簡単なことで有名ですが、健康に被害があるとされています。
それは、PFOA(パーフルオロオクタン酸)。
PFOAはテフロン製造過程で使用されています。
それは、ダイオキシンやPCBと同様、世界的な環境汚染が懸念されているものです。
そして、テフロン加工したフライパンの使用上においても、有害なガスや化学物質が発生する可能性が指摘されています。
一定以上の温度に達することで発生し、そこには発ガン性物質などがふくまれているのです!一定以上の温度とは350℃以上です。
フライパンを通販で探す
「350℃度以上といっても、そんなに簡単にいかないだろう」と思われるでしょう。
しかし、実験によると調理の過程でこの温度を超えることがあることが証明されました。
そしてその有毒性は、50年も前から判明されていたのだそうです!そんな健康に悪影響を及ぼすとされている物質が、今も一般家庭の調理器具として使われているのです!なので、通販などでフライパンを購入する際には気をつけねばなりません。

Both comments and pings are currently closed.