環境に優しいレーザテクノロジーを目指して

火曜日, 3月 22, 2016 20:15 | Filled in 未分類

環境に優しいレーザテクノロジーを目指して

レーザテクノロジーは光の技術です。
レーザー自体が光なので、工場において利用されている中で、環境面を踏まえ従来の機器からレーザー発振器などを新たにする企業や工場は多いようです。
これからの日本、もとい世界規模で考えて、環境問題は深刻な立ち位置にあると私は思っています。
どれだけ生活が豊かになろうとも、その国ではないどこかが豊かではなかったり、環境破壊によって新たに現れる病気、温暖化、エネルギー問題など。
今まで先人が見てみぬふりをしてきた問題が山積みの状態で、私達はこれからを生きていかなくてはなりません。
技術を保った上で、高性能で安全な技術であるレーザテクノロジーを更に磨いていくことで、環境問題にも貢献できるのではないでしょうか。
環境問題と工場生産の問題はきっても切り離せないところにあると考えます。
やはり何か新たなものを作る以上は廃棄物が出て、資材が減るのです。
その問題を決して忘れることのないよう、日々生活していきたいものです。

Both comments and pings are currently closed.