刑事事件や少年事件の専門弁護士です

金曜日, 3月 11, 2016 19:54 | Filled in 未分類

刑事事件や少年事件の専門弁護士です

最近よく少年による犯罪のニュースを多く目にする事が多くなりました。
事件を起こす年齢が年々、低くなりつつあります。
一体なせ、少年達は、犯罪に手を染めてしまうのでしょうか。
少年事件というのは、捜査の対象が20歳未満の少年、少女が起こした事件の事を言います。
少年事件は、少年法などの適用によって成人の刑事事件とは大きな違いがあります。
少年事件でも弁護士が付きます。
事件を起こした年齢が当時20歳も未満であったとしても裁判が行われる頃に20歳を過ぎていた場合には、成人の刑事事件として扱われるのです。
弁護士の中でも少年事件を専門に扱う弁護士もいるようです。
子供と言っても、十分なコミュニケーションが取れます。
小さい子ではないので善悪の判別は付くはずなのに、なぜ犯罪を犯してしまうのでしょうか。
これからは常に子供から目が離せなくなる時代が来ることでしょう。
そのうち自由も管理されてしまうのではないかと思うと少し心配になります。

弁護士に質問!刑事事件費用について知りたいです

刑事事件になった場合には、弁護士費用はどのようにして払うのでしょうか。
弁護士費用は、高額なイメージがあります。
裁判にもなる事ですから、相場は高額になるようです。
内容にもよると思いますが、だいたいは、80万位は必要になるようです。
弁護士も正しい目で選ぶ事が重要です。
刑事事件のケースにもよるのですが不起訴になる場合もあるようです。
刑事事件の流れなども詳しく説明してくれる弁護士も沢山いるのでネットなども参考にしてみるのも良いと思います。
よほど困難な事件ではない限り、100万円以内で収まるのが普通なようです。
事務所により独自で報酬を決めている所もあります。
刑事事件で相談する場合、費用について知っておくと便利な事があるようです。
国選と私選では、費用も異なると言うこと。
事務所によりますが、費用を完全に公開している所もあるようです。
事件で最も高額に費用が高くなるのが否認していて、無罪を主張している事件だそうです。

刑事事件が起きたら弁護士に依頼するにはどうするの?

刑事事件で刑事弁護は、被疑者本人が依頼するのが原則との事です。
ですが、警察署などで拘留されている場合は、本人が外部と連絡して弁護士を探すことは難しいそうです。
その場合は、家族や友人などから弁護士に依頼されるのが多いようです。
刑事事件で逮捕されたら弁護士事務所に連絡があり、直ちに被疑者の元へ駆けつけて面会するそうです。
事実関係を確かめて法律の専門家として適切なアドバイスをします。
今後の流れや質問や疑問のもきちんと答えてくれるそうです。
家族や勤め先と連絡を取る事もあるようです。
逮捕されたらその場で素早く弁護士を呼ぶ事が出来ます。
被疑者には黙秘権と言う話したくない事は話さなくても良い権利です。
刑事事件を担当できる弁護士を紹介してもらう
その権利についても正しく理解させる事ができるようです。
身柄解放に向けて動く事も出来ます。
交渉の際も早期の解決が見込める事もあるようです。
依頼する際は、周りの事も考えてから依頼する事もとても大事な事ではないかと思います。

Both comments and pings are currently closed.