マイクロスコープは技術の結晶

金曜日, 8月 21, 2015 16:58 | Filled in 未分類

マイクロスコープは技術の結晶

最近テレビでよくマイクロスコープというものを目にします。

研究の分野もそうですが、街頭インタビューで頭皮のチェックする際に用いられたり、歯医者で使用されていたりといろんな使われ方をしているみたいです。

思えば子供の頃よく理科の実験のときに顕微鏡で見ることのできるミクロの世界や虫眼鏡で拡大されたものに心踊らされた時期がありましたが、
マイクロスコープの世界はより技術的に高い水準にあるみたいです。

まず従来の顕微鏡は倍率がだいたい20~30倍程度で観察物を顕微鏡に設置して観察する必要があるのですが,マイクロスコープの倍率は数百倍にも及び、
カメラタイプのスコープをパソコンなどにつなげたモニター上で任意に観察したい部分を見ることができます。

USBで簡単に接続できるマイクロスコープ

対象物に押しあてるだけで自動的にピントが合うので、難しい操作も一切必要なし。

また用途に合わせて付け替えることのできる付属品もたくさんあるらしく、誰でも簡単に使えるのがマイクロスコープの特徴といえます。

Both comments and pings are currently closed.