素材にこだわるウィズワン

火曜日, 8月 30, 2016 21:26 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

素材にこだわるウィズワン

家造りの際には、なにに一番気を使いますか?家造りにおいて大事な要素の一つであるのが、「素材」です。
ウィズワンでは、家の素材に様々なこだわりを持っています。
特に、「自然をデザインする家」をコンセプトの一つとし、自然素材にこだわった家造りによって、自然に寄り添った健康的な家が生み出されています。
たとえば、ウィズワンの家造りでは、フローリングに無垢材を使用しています。
無垢材ならではの独特の暖かみに加え、使えば使うほど味わい深くなってくるという特性を持っています。
傷がついても、中身まで無垢材がつまったフローリングなので、削って消すことが可能です。
まさに、ずっと暮らしていく場にぴったりの素材です。
また、壁に塗る漆喰も、汚れが目立ちにくく、自然にやさしい味わい深いオリジナルのものを生み出しました。
タイルよりも石を使用したりするなどといったこだわりもあります。
ウィズワンでは、長年住み続けるからこそ味わい深くなっていくような、そんな長く使える素材を使用しています。

家造りならウィズワン

火曜日, 8月 30, 2016 21:26 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

家造りならウィズワン

毎日を過ごす家は、毎日を過ごすからこそ、とっておきのものにしたいですよね。
ウィズワンでは、毎日を彩る空間造りとしての家造りを行っています。
ウィズワンの家造りでは、お客様のニーズに応えた、安心で健康的な住まいを造り上げるための様々な工夫がなされています。
たとえば、「ロハス」という要素。
化学物質を含む素材の使用を極力控えることによって、健康的かつ環境にも配慮した家造りに取り組んでいます。
子供がいるご家庭などは、こういった健康的な要素に気を配るのも大切ですよね。
日本の自然に寄り添って、無駄な電力を消費しない。
そんな家造りは、その家に住む人々の健康的な生活をサポートしてくれます。
また、家造りに際して重要なのはコスト。
後悔しない家造りのためには、予算に合った無理のない計画が必要です。
最低限の予算でより良い家造りを求めている、そんな方のために、ウィズワンのプロたちがしっかりサポートしてくれるので安心です。

ウィズワンでこだわりの家を

ウィズワンでは、細部にまでこだわった家造りをすることが可能です。
安心できる健康的な家造りというコンセプトに加え、デザインにもこだわることができるのはうれしいポイントですよね。
やはり、毎日の暮らしは好みのデザインの空間で過ごしたいものです。
ウィズワンでは、よりシンプルで洗練されたデザインの家造りをすることによって、味わい深い空間を生み出します。
「空間」が意識されたデザインは、デザインによって住みやすさがなくなるなどということを避けた住みやすいデザインなのです。
自然素材にこだわっているので、空気がきれいな空間を実現することができます。
空気がきれいで過ごしやすい空間は、子どものいる家庭には特に嬉しいかもしれませんね。
便秘に効果があります、新ウィズワン
素材が生み出す心地よい空間のデザインは、私たちの健やかな暮らしの一部となります。
自然に寄り添いながらも機能的でおしゃれなデザインをお求めの方には、ウィズワンの家造りはまさにぴったりです。

おとぎ話の煙突

月曜日, 8月 22, 2016 22:51 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

おとぎ話の煙突

でもおとぎ話ではよく煙突って出てきますよね。
世界的な童話ではよくでてきます。
皆さんご存知のガラスの靴を城に残して帰ってしまうお姫様もいるじゃないですか。
あのお姫様の日本語訳の名前は灰かぶりだそうです。
暖炉の灰がなかったらそのお姫様もいなかったのでしょうかね?時期はずれますが、クリスマスでおなじみのサンタクロースもそうですよね。
サンタクロースはプレゼントと背負って煙突からやってくるんだよと教えられました。
私はたくさんプレゼントが欲しかったので自分の家に煙突が何本もあったらその本数だけサンタクロースが来てくれるんじゃないかと考えたものです。
でも自宅につけてとお願いはしませんでした。
暖炉で温まるより暖かいプレゼントをもらったからです。
残念ながら家は寒かったのですが。
ご自宅やペンションに暖炉があるお宅はサンタクロースがはいってこれるように煙突の掃除をしておいたら、家も家族も暖かくなるんじゃないのでしょうか?

美味しい煙突ってなに

月曜日, 8月 22, 2016 22:51 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

美味しい煙突ってなに

でも銭湯もいいですが、私が最近見たのは石窯ピザ屋の煙突です。
炭火のいい匂いがするんですよね。
石窯のピザはほどよい焦げ目でとっても美味しかったです。
ピザっていうとオーブンで焼くのが一般的ですけど、石窯のピザはすごい迫力でした。
外観にあの煙突があるだけですごい美味しそうにみえるんですよね。
香りもお店全体に広がってとっても素敵な時間を過ごしてきました。
今、石窯を置いている家がありませんから大量の煙を逃がす必要がないんですよね。
私の自宅や友人の家も換気扇ですね。
なので、すごくメルヘンチックな建物に入ったような気分になりましたし、外国に行っちゃったのかな?なんて思ってしまうくらい楽しかったです。
もともと日本に暖炉がありませんからなおさら新鮮でしたしね。
普段から見慣れないものですからとっても楽しかったし美味しかったです。
これからどこかに外食のときは煙突のあるお店に行こうと思いました。
いい目印をみつけました。

おなじみの煙突って

月曜日, 8月 22, 2016 22:51 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

おなじみの煙突って

銭湯に行くとよく煙突ってみますよね。
工場地帯なんかでもよく見ますが、私たちに身近なのは銭湯だと思います。
あれって一体どうやって建てるんでしょうか?長く太いまま持ってきて建てるんでしょうか?組み立ててだんだんあの高さにするのでしょうか?どちらにしろ、煙突を作っているところってすごい重労働な気がしますよね。
大体ああいうものって煙を逃がすものですから、中はすすだらけだと思うんですよ。
それのメンテナンスってどうやっているんでしょうか?機械をいれるんでしょうか?人間が入るのでしょうか?メンテナンスはしないといずれ詰まってしまって使えなくなりますからね。
お手軽に買い替えるとかできませんしね。
煙突を長持ちさせるうえでやるべきこと
使い方も工夫できればするでしょうけど、用途としては空気の逃げ道ですから、人間が手を加えるのは難しいのではないでしょうか?でも、あの煙突から黒い煙がモクモクと出てるのを見るとその銭湯で一日の疲れを流して行こうかなって思います。

絵本の挿絵に相応しいの静岡市の歯科医院と美容院がある風景

土曜日, 8月 20, 2016 8:56 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

絵本の挿絵に相応しいの静岡市の歯科医院と美容院がある風景

今回静岡市に来ている間に仕上げようとしているイラストは、歯医者さんの待合室に置くための子供向けの絵本の挿絵だ。
予防歯科を紹介する内容になっている。
ひと昔前は、歯が痛くなってから行くのが歯医者であった。
歯が痛いのだから、その痛みから解放されるには、多少の荒治療は致し方ないという意識が患者側にもあった。
歯医者の治療は痛くて当たり前、だから歯医者は怖いところというイメージが定着していた。
しかし予防歯科という概念は根本的に違う。
痛くなってから診るのではなく、痛くならないように診るのだ。
小さい子供や親御さんに予防歯科の大切さを伝えることは重要なことだ。
そこで、歯科の待合室にこの種の絵本が置かれるようになり、その挿絵の仕事が相当数入るようになった。
私は、静岡市の風景をモチーフに描く挿絵を通して、歯医者さんは美容室と同じように気持ちがゆっくりできる素敵な空間だというイメージを与えたい。
歯医者さんに来ている時間は、美容院に来ている時間と同じように、日常の喧騒から解放されたリラックスできる時間だと感じてくれるようになればいいと思っている。

静岡市ならあるだろう、歯科医院と美容院がある並木道

土曜日, 8月 20, 2016 8:56 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

静岡市ならあるだろう、歯科医院と美容院がある並木道

駅前から、海岸側の住宅地方向に延びる並木道に、歯科医院と美容院がそれぞれ数件ずつならぶ。
通り沿いにはカフェもありオープンデッキで食事する人やら、犬を散歩させる人も目立つ。
私が今度絵本の挿絵に思い描いた風景だ。
今まで住んできたところは、便利だが道が狭く、人と人がすれ違うのも肩がぶつかり合うほどであった。
静岡市に来れば、思い描いていた風景と近いものに出会えそうだ。
道幅も広いし、車での移動も同じ時間で倍以上の距離を進むことができる。
それに引き換え、今までの所はあまりにも狭くて道はほとんど一方通行で、少し先まで車で行こうにも遠回りをしなくてはいけない。
行き止まりに会って狭い道をぶつかりそうになりながらバックしたときはとても焦った。
静岡市というのは思っていたより都会でありながら都会特有の雑然さが感じられないことが気に入った。
私が思い描いた歯科医院と美容院が立ちならぶ並木道。
ここ静岡市ならきっと見つかると思い自転車で探しに出かけた。

歯科医院と美容院の外観の共通性を静岡市にて感じる

自称イラストレーターというのが、お仕事はなんですか、と聞かれた場合の私が用意している答えである。
私の場合、ある町の風景を描きたいからその町に行く、というのではなく、思い描いた風景があると、それに近い風景がある町を探しに行くのだ。
歯科医院と美容院がある並木道、これを思い浮かべてありそうな所を地図で探す。
理由はないが静岡市に行くことになった。
新幹線ですぐに行けるのが良い。
歯科医院と美容院というのは、実は共通性がある。
その数がコンビニより多いこと。
さらに、新規顧客獲得が難しいこと。
逆に一度顧客を獲得すればリピーター性があることだ。
髪の手入れは1か月程度に一度は常識とのこと。
歯の治療も初めてのところに行くというのは勇気がいることだ。
あそこなら痛くないようにやってくれるとわかっているからまた来るということになる。
もう一つは外観。
美容院の外観はお洒落である。
静岡市の歯科に通う
歯科医院も他の医院に比べるとお洒落な建物が多い。
静岡市に来て歯科医院と美容室を訪ね歩き、この外観の共通性をとくに感じている。

猫話に癒されたい時はぜひ村上豊彦の記事を読んで下さい

土曜日, 8月 20, 2016 8:16 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

猫話に癒されたい時はぜひ村上豊彦の記事を読んで下さい

村上豊彦が思う、猫と仲良くなる方法は、やはり猫と一緒に過ごしてみることだと思います。
一緒に過ごして猫の可愛さってわかるものだなと思います。
これまた私の知り合いの話なのですが、絵の上手な美術部の子がいて、いつも猫の絵ばかり描いていました。
はじめは猫ばかりでたまには違うものを描けばいいのになと思っていたのですが、描いているうちにどんどん上手になっていくと思っていたら、コンクールで入選して驚いたことがありました。
入選した絵を見せてもらったのですが、猫の柔らかさや可愛らしさを描いていて、愛情が伝わるいい絵でした。
好きのエネルギーってすごいなとその時に感じたことを覚えています。
大学生になって始めたバイトの先輩が猫を数匹飼っていて、毎日、その猫達の話をしてくれたのですが、名前が覚えられず、どの猫の話をしているのか混乱することがありました。
猫は暖かいところや高いところが好きというのもその先輩の話を聞いて知りました。
先輩がバイトを辞めてから猫話に癒されることもなくなり、自分で猫話を探してブログに書くようになりました。
それが村上豊彦のブログがはじまったきっかけです。

猫好きにはおすすめの村上豊彦のホームページです

土曜日, 8月 20, 2016 8:16 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

猫好きにはおすすめの村上豊彦のホームページです

猫を最近見かけることがなくて寂しいと思っている方は、ぜひ、わたくし村上豊彦のブログに遊びに来てください。
猫好きな人にはきっと満足いただける内容です。
わたくしは、猫好きな大学生で猫のかわいい写真や猫にまつわる記事を書いております。
私の周りにも猫好きは結構いたので、私が猫好きなのは、その影響が強いのかもしれません。
では、私の猫好きにまつわる話から書いてみたいと思います。
私には猫好きの幼なじみがいました。
子供の頃は、結構、野良猫が多くて、通学路には必ず登場していたので、幼なじみは必ず足をとめ可愛がっていました。
一度足を止めるとずっとそこに立ち止まってしまうので、私も一緒に付き合って猫とたわむれていました。
その幼なじみはもちろん自分の家にも猫を飼っていて、猫がお布団に入り込んでくる話や誰もいない方向をじっと見ていたとか日々猫の日常の話を聞いていて、幼なじみにとっては大切な家族なのだなと思っていました。
わたくし村上豊彦の猫好きの原点は、その幼なじみで、猫を見るとその幼なじみのことを思い出し、懐かしい気持ちになるのです。

村上豊彦の記事には猫への愛情がこめられています

猫が大好きな人にとっては、猫ワールドを体験できるよう、わたくし村上豊彦はブログを書いています。
知り合いに猫好きな人がいたら教えてあげて下さいね。
よく犬派ですか、猫派ですかと聞かれることがありますが、猫好きな人の多くは、どっちが好きということもなく、犬も猫も好きという人がわりと多いですね。
動物が好きな人は、優しい人がなのではないでしょうか。
猫は特にかよわいものというか、守ってあげたくなるような存在です。
甘えてきたと思ったら、さっとどこかへ行ってしまったり、きまぐれではあるようですが、そうゆう小さい生き物に対して愛情を持って接することが出来るのは、優しい心の持ち主なのだろうと思います。
高校時代の猫好きな友人は身体の弱い子猫をとても可愛がっていました。
家に泊まりにいった時に、一緒に過ごしたのですが、まだ本当に小さな子猫で毛並みの綺麗な美人猫でした。
夜寝ていると友人の腕からすり抜け私のお布団に入ってきて、手を差し出すと近寄ってきました。
学生生活を満喫する村上豊彦
まだ甘えたいのだなと、とても可愛く思いました。
わたくし村上豊彦は猫への愛情が伝わるエピソードを書き続けたいと思います。

池袋にはお洒落な美容室が多いです

水曜日, 8月 17, 2016 18:35 | Filled in 未分類
コメントは受け付けていません。

池袋にはお洒落な美容室が多いです

東京にはお洒落なお店が数多くあります。
トレンドの最先端でもあり常に注目を集めています。
池袋にはお洒落な美容室が沢山あります。
中でも、ファッションアイテムを多く取り揃えていてヘアを整えて貰ったついでに買う事も出来ます。
中でも、中高生にとても人気になっています。
最近の流行りになっている双子コーデによく利用されています。
値段もとてもリーズナブルになっているので、休日になると行列が出来るほどの人気になっています。
駅の近くにある事からアクセスしやすくて外観もとてもPOPなカラーになっているので分かりやすくなっています。
池袋には、若者を中心としたエリアや大人向けのお店が沢山立ち並んでいるエリアに分かれています。
その為、お店を探しやすくなっています。
駅には地図が置いてあるので池袋のどこにどんなお店があるのか分かるようになっています。
美容室専用の地図もあるみたいです。
どんどん発展している所でもあるので、これからますます近代的な建物が多くなってくるのではないかと思います。

キッズスペースのある池袋の美容室

小さい子供がいると、どこに行くにも大変になってきます。
特に、母親は毎日一緒にいる時間が長いので一人になる時間が限られています。
池袋には最近になってキッズスペースがある美容室が多くなってきました。
髪を切る時だけでもゆっくりしてもらいたいと思い作られました。
しかも変わっているのが、キッズスペースが美容室の真ん中にあり、子供から母親がいつでも確認出来るように作られています。
小さい内は、少しでも離れるだけで不安になる事が多いので、安心してもらうために壁も透明にして親からも確認しやすいようになっています。
色々なおもちゃが多くあり、スペースも広いので体を動かして遊ぶ事が出来るようになっています。
特に、遊具が一番人気になっています。
転んでも平気なようにマットを敷いていてスタッフが付いているのでリラックスして髪を綺麗にする事が出来ます。
池袋には子供が遊べるような施設が少ないので、商業施設や美容室が協力して室内で気軽に遊べるようにお店自体を作り替えて、集客を集める努力をしています。

働くビジネスマンを応援している池袋の美容室

髪を綺麗にする事はビジネスマンにとって基本的な身だしなみでもあります。
定期的に髪を切っているパパも多くいると思います。
池袋の美容室では、そんなビジネスマンを応援しようと男性向けにお得なサービスを展開しています。
近くには、オフィスビルも数多くある事からよくビジネスマンがお昼休みを利用して髪を切りに来る事も多いと言います。
その為、短いお昼休みを利用して来てくれた人に軽い軽食をサービスしています。
髪を切りながら手軽に食べられるサンドイッチを無料で提供しています。
栄養のバランスも考えて二つの種類から選べるようにしています。
カット料金も通常よりも安く設定したりしています。
口コミでどんどん広がり、今では予約をしないといけないほど人気になっています。
池袋の美容室では、お昼限定のサービスを様々用意しています。
池袋の中でおすすめの美容室とは?
休日に利用するよりも少しお得になるようで、お昼に利用する事が増えた人もいます。
爽やかな髪専用のコロンも用意されています。